無料相談はお気軽に! メールでご相談 無料相談フォーム 資料ご請求

無料相談はお気軽に!

任意売却のプレステージ

競売開始決定通知

競売開始決定通知1
競売開始決定通知
クリックで拡大

「債権者の申立てにより、上記請求債権の弁済に充てるため、別紙担保権目録記載の担保権に基づき、別紙物件目録記載の不動産に ついて、担保不動産競売手続きを開始し、債権者のためにこれを差し押さえる。」

債権者が競売の申し立てを裁判所へ申請し、適法と認められると、裁判所は目的不動産を差押え、競売開始を決定し通知します。
「債権者の誰々が貴方の不動産を競売にかけたので、裁判所はそれを受理しました」という通知です。「何月何日に入札です」とか「何月何日に出て行ってください」とかは記載されてはいません。この通知が届いたら3~5ヶ月しか住むことができません。

競売開始決定通知が裁判所より届いたら、「競売の手続が始まりました」という通知ですから、速やかに任意売却を行うことをお勧めいたします。

競売開始決定通知2
競売開始決定通知
クリックで拡大

競売開始決定通知3
競売開始決定通知
クリックで拡大

現況調査通知書

現況調査通知書
現況調査通知書
クリックで拡大


「あなたが居住している不動産に対し、競売の申立がありました。 このため、同不動産の調査(間取り、占有状況等)を行う必要があり、 近日中に、調査を実施しなければなりません。 ついては、調査する日時を打ち合わせたいので・・・」

競売開始決定通知の後、この現況調査通知が届いたら、 裁判所の執行官が不動産の調査に訪れます。
家の中を見せたくないと無視をしていると、執行官は留守でも鍵を開け 中に入り調査をし写真の撮影をして行き、着々と競売は進んでまいります。

鍵解錠の告知書

鍵解錠の告知書
鍵解錠の告知書
クリックで拡大

「債権者・・・・申立ての平成24年・・・・号不動産競売事件について、札幌地方裁判所の現況調査命令に基づき、本件不動産の形状、占有関係その他の現状について調査に来ましたが、不在で施錠されていたので民事執行法第57条等の規定により、証人を立ち会わせ、鍵の技術者により入口の施錠を解いて調査しました。なお、本件に関し、不明な点があれば下記に電話をしてください。」

現況調査通知書が届いてもそのままにしておくと、執行官は鍵の施錠を解き強制的に室内に入り調査し、粛々と競売が進行していきます。

ご相談は全国エリア対応

ご相談は全国エリア対応

0120-281-380

お問い合わせ

http://www.p-prestige.com/

(社) 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会

札幌弁護士会

住宅金融支援機構

法テラス

  • 無料電話相談
  • 個別相談会予約
  • メールでお問い合わせ

任意売却の株式会社プレステージ

札幌市東区北32条東1丁目1-5

フリーダイヤル 0120-281-380

TEL 011-748-3330 FAX 011-748-3339

Copyright(C) 任意売却プレステージ All Rights Reserved.