無料相談はお気軽に! メールでご相談 無料相談フォーム 資料ご請求

無料相談はお気軽に!

任意売却のプレステージ

任意売却のデメリット

任意売却にも注意すべきポイントがあります

任意売却とは決してメリットばかりではございません。プレステージではしっかりと「任意売却時の注意すべき点」についてもご説明しております。

手続きや交渉の負担
任意売却を認めてもらうためには債権者である金融機関などへ連絡・相談をしなければなりません。これは、とても複雑かつ繊細な交渉が多く、プロの手を借りる必要があります。また、購入希望者を探すことも当然必要であるとともに、債務者の引越し代・必要経費を捻出する必要性が生じます。これに比べ、競売は、極端に言えば何もせず総てを無視していれば事が済んでしまいます。
債権者が同意してくれない場合がある
こちらも上記に関与しますが、住宅金融支援機構・銀行などの金融機関である債権者が任意売却を認めない事例もあるのは事実です。これは都市整備公団やURなどのいわゆる「公団系」でも同様です。債務者の素行や態度、任意売却を取り扱う業者の好感度にも左右される場合があるのです。
保証人の同意を得られない場合がある

住宅ローンを借りる際、連帯保証人などの債務を連帯して負っている人がいる場合は、 連保証帯人から任意売却に対する同意が必ず必要となります。

連帯保証人はご夫婦や親がなっている場合が多く見られますので、任意売却がしたくても、同意が得られなかったり、連絡が取れないといった場合は任意売却をすることができません。

内覧に立会う必要が生じる
任意売却に詳しくない・経験が浅い・慣れていない業者を選定してしまうと、時間に制限のある任意売却自体がスムーズに進まず、希望価格でも売れなかった。というケースもあるようです。最悪の場合、この影響は保証人にまで及ぶことがあり、本来必要のない財産の没収や債務整理を行うこともあります。
任意売却の成功にはタイムリミットがある
任意売却にはかなり限られた時間の中で、交渉から行わなくてはなりません。既に滞納の重ねている状態からのスタートなることが多いので、経験豊富な業者を選定する必要はここにも生じるのです。
いわゆる「ブラックリスト」に載る
これは任意売却に限った事ではありませんが、ローンを滞納し続ける事で、CICなどの「信用情報機関」に滞納情報が登録させる可能性が生じます。ここで大切なことは「任意売却を行ったから」ではなく「ローンを滞納し続けたから」信用情報に掲載されるという点をお間違えないようにご注意ください。

 

ご相談は全国エリア対応

ご相談は全国エリア対応

0120-281-380

お問い合わせ

http://www.p-prestige.com/

(社) 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会

札幌弁護士会

住宅金融支援機構

法テラス

  • 無料電話相談
  • 個別相談会予約
  • メールでお問い合わせ

任意売却の株式会社プレステージ

札幌市東区北32条東1丁目1-5

フリーダイヤル 0120-281-380

TEL 011-748-3330 FAX 011-748-3339

Copyright(C) 任意売却プレステージ All Rights Reserved.