無料相談はお気軽に! メールでご相談 無料相談フォーム 資料ご請求

無料相談はお気軽に!

任意売却のプレステージ

任意売却は競売での強制的な処分より高く売ることが可能

0120-281-380へ

0120-281-380へ

抵当権と任意売却

不動産に設定する担保権のひとつとして「抵当権」というものがあります。抵当権は任意売却と密接な関わりを持っているものなので、その関係性についてご説明します。

抵当権がある場合の任意売却

「抵当権がついている状態で売却は可能なのか?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。結論からいえば、抵当権がついた状態の任意売却は「不可能」といえます。法的には、抵当権がついた状態の不動産売買は認められているのですが、任意売却においては原則として抵当権を抹消しない限り取り引きが成立しません。

なお、抵当権が複数(第一抵当・第二抵当)付与されている場合は、第一抵当が抹消していても第二抵当が抹消していない限り、任意売却を行うことができません。そのため、任意売却時には全ての抵当権者から同意を得なければなりません。

抵当権消滅請求手続

抵当権があると任意売却ができないと先述しました。しかし、そうなると「抵当権者が抹消に応じなかった場合、売却ができないのではないか」という疑問が生じると思います。任意売却では、抵当権者同意の上で売却するのが一番望ましいのですが、これに応じてもらえない場合、債務者は「抵当権消滅請求手続」を利用することができます。

これによって、抵当がついた不動産を第三者に明け渡し、その第三者が「抵当権消滅請求」を行うことで抵当権を抹消できるようになります。少々強引な方法となってしまいますが、一般的にはこのような手段が講じられることはありません。抵当権者と債務者がしっかりと話し合い、今後の方向性について納得した上で、任意売却に至るのがほとんどです。

プレステージは、任意売却のご相談を承っております。住宅ローンに悩まされ任意売却をお考えの方や、離婚によるマンション残債務返済でお困りの方も、お気軽にご相談ください。本当に困っている方を窮地から救うことをポリシーとし、任意売却を進める上で起こる様々な問題にも誠心誠意で対応していきます。早い段階でのご相談こそが成功への最短ルートです。まずは現状をお聞かせください。

ご相談は全国エリア対応

ご相談は全国エリア対応

0120-281-380

お問い合わせ

http://www.p-prestige.com/

(社) 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会

札幌弁護士会

住宅金融支援機構

法テラス

  • 無料電話相談
  • 個別相談会予約
  • メールでお問い合わせ

任意売却の株式会社プレステージ

札幌市東区北32条東1丁目1-5

フリーダイヤル 0120-281-380

TEL 011-748-3330 FAX 011-748-3339

Copyright(C) 任意売却プレステージ All Rights Reserved.