離婚・リストラによる住宅ローンの問題を解決します
住宅ローンはどうなるのか?これからも住み続けられるのか?

任意売却の流れ

Type1.【住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫)の場合】

1.住宅金融支援機構・機構窓口銀行からの督促

電話・ハガキ・督促状・催告書・ 最終通告などが来ます。

2.当社へ相談

滞納状況の確認、残債務のご説明。専門担当者による 問題解決にむけてのご提案をいたします。

3.専任媒介契約の締結

お客様と当社で物件販売の契約を結びます。 販売・契約・引渡しまでの全業務を代理で行います。 (滞納6ヵ月で事故扱いとなります)

4.住宅金融支援機構へ書類を提出
任意売却に関する申出書 ●専任媒介契約書 ●売出価格確認申請書 ・価格査定書 ・実差チェックシート ・路線価図

・周辺地図 ・住宅地図 ・物件写真

5.住宅金融支援機構より売出価格が提示
住宅金融支援機構は下記サービサーへ任意売却の業務を委託しています。 ・株式会社住宅債権管理回収機構 ・エム・ユー・フロンティア債権回収株式会社 ・日立キャピタル債権回収株式会社
6.販売活動の開始

業者間情報システム・当社ホームページ・各種メディア掲載などご依頼者の要望に合わせた売却活動をいたします。

7.購入希望者内覧

広く情報公開し内覧希望者が現れた段階で、ご依頼者の都合に合せ内覧をさせていただきます。お部屋の整理・整頓をお願いいたします。

8.購入申込書の受理

購入申込書により債権者の応諾可能な条件にて購入いただける買主を選定いたします。

9.売買契約の締結

契約後、引越し先を探して頂きます。提携賃貸業者を紹介いたします。

10.債権者と交渉

抵当権抹消の交渉・差押えの取下げ、「配分表」の作成をします。

11.債権者との合意

抵当権抹消、差押えの解除。

12.債権者と残債務の返済方法の決定

毎月1万円程度の無理のない返済で 和解してもらいます。

13.お引越し

当社提携引越し運送業者を紹介いたします。 引越し費用をお立て替えいたします。

14.決済・お引渡し

新しい生活のスタート!

 

Type2.【民間金融機関(銀行)の場合】

銀行からの督促

電話・ハガキ・督促状などが来ます。

当社へ相談

滞納状況の確認、残債務のご説明、 問題解決方法のご提案

3.専任媒介契約の締結

お客様と当社で物件販売の契約を結びます。 (※滞納2ヶ月~6ヵ月で事故扱いとなります。)

4.債権者(銀行)に専任媒介契約書を送付

債権者に当社が任意売却をする旨を伝えます。 査定書を提出し担当者から売り出し価格の承諾を取り付けます。

5.販売活動の開始

業者間情報システム・当社ホームページ・各種メディア掲載などご依頼者の要望に合わせた売却活動をいたします。

6.購入希望者内覧

広く情報公開し内覧希望者が現れた段階で、ご依頼者の都合に合せ内覧をさせていただきます。お部屋の整理・整頓をお願いいたします。

7.購入申込書の受理
購入申込書により債権者の応諾可能な条件にて購入いただける買主を選定いたします。
8.売買契約の締結

お引越し先を探して頂きます。当社提携賃貸業者を紹介いたします。

9.債権者と交渉

抵当権抹消の交渉・差押えの取下げ、「配分表」の作成をします。

10. 債権者との合意

抵当権抹消の交渉・差押えの解除。

11.お引越し

当社提携引越し運送業者を紹介いたします。 引越し費用をお立て替えいたします。

12.返済方法のアドバイス

毎月1万円程度の無理のない返済で 和解してもらえるようにアドバイスします。

13. 決済・お引渡し

新しい生

活のスタート!

 


お客様との面談時、主に次の点について聞き取り、ご説明いたします。

住宅ローン滞納状況の確認

住宅ローンの滞納が無い、又は1、2ヶ月の場合、債権者は任意売却の対応はしてくれませんので通常6ヶ月滞納し融資金融機関が「事故案件」とみなし、保証会社の代位弁済後、同意を得て任意売却をすすめてまいります。外資系金融機関の場合は、早い対応を求められる場合があります。

各債権者の残債務の確認

不動産についている各債権者の残債務、差押えによる税金の滞納額、今後売却する不動産に差押えされる可能性のある税金や、無担保ローンの確認をいたします。 住宅ローンの他に多額の無担保ローン(消費者金融等)などの借り入れがある場合、債務整理のアドバイスをいたします。場合によっては専属弁護士をご紹介いたします。

生活状況確認・売却後の残債務

お客様の職業、現在の収入・支出を確認いたします。売却後の残債務を債権者にどのように月々支払っていくかをあらかじめ考えておくためです。

不動産の査定

不動産の査定をいたします。後日お伺いして査定する場合もございます。 任意売却は、債権者の同意を取り付けて行いますので、市場価格による適正な査定をいたします。

任意売却の流れについてご理解いただけましたか?

 

札幌市東区北32条東1丁目1番5号
宅地建物取引業:北海道知事免許 石狩(5)第6384号

離婚と任意売却

相談事例

任意売却について

リースバックについて

プレステージについて