離婚・リストラ・老後破綻による住宅ローンの問題を解決します
住宅ローンはどうなるのか?これからも住み続けられるのか?

フリーダイヤル0120-281-380

お問い合わせ
無料面談ご予約

最終通告・督促状

最終通告・督促状

「お客様にご融資いたしました住宅ローンの返済につきましては、延滞が重なり、お客様と当機構との契約に定めている「分割弁済をする権利を失うこととなる6か月延滞」が、 目前に迫っております。つきましては、本状到着後7日以内に、延滞分の全額をお支払いくださいますよう・・・」

マイホームの返済が滞ると住宅金融支援機構から支払いの督促が届きます。この通知を受け取った時点で滞納分を返済するか、任意売却をするか是非お考えください。そのまま放置していますと期限の利益の喪失代位弁済競売へと進んでいき、任意売却が困難になってしまいます。 早い時期に、事が重大になる前に行うことが重要です。行動が遅くなればそれだけ不利な結果になります。早めの決断をおすすめします。

住宅金融支援機構の最終通告
住宅金融支援機構の最終通告
住宅金融支援機構からの最終段階のご連絡
住宅金融支援機構からの最終段階のご連絡
住宅金融支援機構の督促状
住宅金融支援機構の督促状

 

札幌市東区北32条東1丁目1番5号
宅地建物取引業:北海道知事免許 石狩(5)第6384号

任意売却について

離婚と任意売却

リースバックについて

相談事例

プレステージについて